専用端末内の鍵の確認・管理

遠隔操作でキーキャビネットを開く、端末内の鍵を確認・管理する

 

KeycafeシステムはSmartBoxのタッチパネル、又はアプリにて鍵の受取り・預入操作がされた履歴を蓄積しています。遠隔操作でキーキャビネットを開かれた場合には、鍵の受取り・預入れは記録されません。以下の手順で管理画面からキーキャビネットを開き、鍵を受け取った・預け入れた際には、同時に鍵の受取り・預入れ履歴も付けてください。

 

個別のキーキャビネットを開く

管理画面右端に並ぶ「SmartBox」のアイコンをクリックして、SmatBoxを選択します。「キーキャビネット」をクリックすると、右側にキーキャビネット番号がでてきます。キーキャビネット番号は、端末に向かって右端、一番上が「1」で、順番に下に降りるかたちで番号がふられています。

 

1. キーキャビネットを開くには、キーキャビネット番号の右横に表示されるロックアイコンをクリックします。SmartBoxのタッチパネル下にある銀色のボタンの色が変わったら、ゆっくり強めに押してください。キーキャビネットが開きます。

2. 「空き」の状態のキーキャビネットを開いて鍵を端末内に入れた場合は、右側の下向き矢印のアイコンをクリックしてキーホルダ番号を入力することで、システム上も鍵を預け入れた状態にすることができます。

3.  鍵がキーキャビネットの中に入っていると、鍵の名前が表示されます。遠隔操作で蓋を開いて鍵を取り出した場合は、上向矢印のアイコンから、システム上も鍵を取り出した状態にすることができます。

🚧

キーキャビネットの操作に関する重要な注意事項

多くの便利な操作は2段階のプロセスになることに注意してください。
1. 管理画面からキーキャビネットを開く許可を出し、SmartBoxのボタンを押して開く
2. 鍵の出し入れを手動で記録する

 

 

個別のキーキャビネットを使用不可にする

キーキャビネットの故障などで特定のキーキャビネットを使用不可にしたい場合、次の通りに設定してください。Smartboxのメニューから「トラブルシューティング」。各キーボックスの「X」で無効にできます。
 
Screen_Shot_2021-07-15_at_10.57.17.png
 
 
 

全てのキーキャビネットを一度に開く

1.  管理画面左側のアイコンから、「SmartBox」をクリックして、キーキャビネットを開きたいSmartBoxを選択します。

2. 「トラブルシューティング」から「全ての鍵ボックスを開く」を選択します。

この記事は役に立ちましたか?
1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています